買取不可能な場合


バイクは壊れていても買取可能な場合があるのですが、業者を探すのがまず大変になるでしょう。また、業者によって買取の基準が変わってくるので、以前依頼した業者では買取してくれたのに、別の業者では買取できなかったという場合もあります。場合によってはどこの業者でも買取できないケースもあるのですが、このような場合にはもう処分するしかなくなってしまうでしょう。

どこの業者でも買取できないということは、部品を取り出して再利用、もしくは売却することもできないということなので、無料での引き取りも不可能だと思った方がよいでしょう。では、どのようなバイクだと買取不可能になるケースが多いのでしょうか。やはりあまり人気のない種類のバイクは、それほど古くなくても買取不可能になるケースが多くなっています。

また、業者が欲しい部品自体が壊れている場合も同様です。当然部品も時間が経過すれば劣化してくるので、あまりにも古いと壊れていなくても買取できなくなることもあるでしょう。逆に輸入したバイクの場合や、人気のある種類のバイクであれば、故障していても買取をしてくれる業者があります。このような種類のバイクは、オートオークションに出品されているケースが多いので、確認してみるのもよいでしょう。